名刺交換を行う際の片手での渡し方

名刺交換

片手で名刺を渡すのはマナー違反ではない

Thumb up 605738 640

名刺交換は、基本的には両手で相手へ渡す方法が一般的です。しかし、ビジネスの場では時々、多人数での名刺の同時交換が行われるような商談などがあります。そういう際は、片手で名刺交換する渡し方は失礼にあたりませんので、マナーを気にせず片手で渡せば問題ありません。

最近では、1体1でも片手で名刺交換を行うケースも増えましたので、基本的に渡し方さえ覚えていれば片手で名刺交換を行えると考えて良いでしょう。

片手で名刺を渡していい理由は「時間短縮」

商談の場などで、全員が両手で名刺交換を行うとなると、それだけで時間がかかってしまいます。そのため、名刺の渡し方が片手でも良いとされているのです。名刺を両手で渡すのがマナーとされているのは、営業などで自分から相手を訪問して渡す場合だと考えましょう。

正しい名刺の渡し方とは

名刺の渡し方が、片手でも良いのは分かりました。しかし、名刺交換には状況や人数構成に応じて正しい順番があります。その順番や渡し方を間違えてしまうと、片手か両手かに関わらず、マナー違反となりますので注意が必要です。

名刺交換は訪問側から先に行う!

名刺交換は、訪問する相手から行うのが鉄則です。まずは、名刺の向きを相手の方に変えて片手で名刺を差し出し、片手で相手の名刺を受け取ります。名刺を受け取ったら、すぐにもう一方の手を添えて両手で持ちましょう。

仮に、交互に名刺を交換する場合は両手で行います。訪問者から先に名刺入れの上に名刺を乗せ、ゆっくりと両手で差し出してください。その後、相手の名刺も同様に両手で受け取るのがマナーです。

名刺を渡す順番には注意

名刺交換は訪問する側から行うのが鉄則と書きましたが、これには例外があります。例えば、複数人で商談を行うのであれば、目上の人から順に名刺交換を行うように変わります。

実際の動きしては、相手側の上司の前に訪問側の上司が並び、その上司との名刺交換を終えたら順に担当者と名刺交換をする、という流れになります。

名刺交換を行う際のマナー

Business card 586271 640

それでは最後に、名刺交換を行う際のマナーについて見ていきましょう。名刺交換では、誰から差し出すか、どう受け取るか、名刺の置き方まで様々なマナーがあります。名刺の渡し方と一緒に、しっかりと確認しておきましょう

名刺を差し出すときは「社名と名前を名乗る」

名刺を差し出す際は、必ず目下の立場から先に「○○社の○○と申します」と社名と名前を名乗り、同時に軽くお辞儀をしてから名刺交換をしましょう。そのとき、名刺は胸の高さで持ち、両手で手渡します。

また、名前は苗字だけで構いませんが、印象を良くするならフルネームを言うのが丁寧なので、ゆっくりと名乗るようにしましょう。

名刺を受け取るときは「両手」

名刺を受け取るときは、必ず「頂戴いたします」と言いながら、両手で受け取りましょう。そのとき、相手の会社名や氏名などが記載してある部分に、自分の指がかからないように注意が必要です。そして、受け取った後は胸の高さより下におろさないようにしましょう。

相手の前で名刺を見るときは、「○○様ですね」と相手の名前を名刺を見ながら復唱しますが、読み方が分からなければ、必ずこのタイミングで聞いておきましょう。

名刺を並べる際は「左斜め前」

名刺を受け取ったあとは、自分から見て左斜め前に相手の名刺を置くのがマナーです。もし、1対1の名刺交換であれば、テーブルの上には直接置かず、自分の名刺入れの上にのせましょう。

複数人との名刺交換であれば、役職の一番高い人の名刺を名刺入れの上にのせて、その他の人の名刺は、相手の席順通りにテーブルの上に並べるのがベターです。

名刺交換の際に片手で渡すなら訪問側から相手に向けて差し出すのが正しい渡し方

今回は、名刺交換を行う際の片手での渡し方について見てきました。ビジネスで名刺は「顔」となるものですので、渡し方を始め色々なマナーに気を遣う必要があります。何より大切なのは、相手の名刺を、相手自身と同じように丁寧に扱う気持ち。そして、目上の人を最優先して順番を間違えないように意識することです。正しい名刺の渡し方と受け取り方を覚えて、相手から好感をもたれるように目指しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月25日ビジネス