謝罪で最低限守りたい!お詫びの電話やメールの注意点

お詫びメール

おさえるべき基本的な謝罪方法って!?

Actividades para ninos madrid arganzuela zpsza6ijz84

謝罪をするときに出来るだけ早いと誠意を見せられる

ミスをしてしまったときに謝罪をするときは、ただ謝罪をするだけではなく、後々に自分にとってプラスになるような謝罪や誠意の見せ方をするとよいでしょう。

また、そうした謝罪をするときは出来るだけ早く謝罪をすると誠意を見せることもできるため、すぐに謝罪をするほうが良いでしょう。

自分のミスを素直に謝罪して具体的な改善案を出すと◎

基本的に謝罪のポイントとして、自分のミスを素直に謝罪して具体的な改善案を出す事を覚えておきしょう。

自分のミスだったと変な言い訳をしないで、素直に謝罪することが大事ですが、それともう一つ、

この場合に重要なのは、謝罪の言葉とともに具体的な策を提案することです。

例えば…

申し訳ありませんでした。次回は10日以上前に確認に上がります。

というように、「次回、どのようなことをすることで同じミスを防ぐのか」を明確に表し、そうすることで謝られた側は、「反省をしているし、努力もしている」という評価になります。

電話での謝罪で気をつけるべきこと

20140729200413

電話での謝罪は、はじめの一言や出るコールなども重要

こちらから電話での謝罪をするときは、お詫びの電話をする時間に注意をしましょう。

またお詫びの電話に相手が出られたときは、「お時間は大丈夫でしょうか」、といった一言を最初に言いましょう。

時間がなく、相手から掛け直しの電話がくるときは3コール以内で電話に出るのも一つのマナーです。

電話での謝罪において一番大切なのは、かける時間帯

お詫びの電話での謝罪において一番大切なのは、かける時間帯。お詫びの電話が、慌ただしい朝の時間帯やお昼ごろ、営業時間外といった時間帯の電話は非常識ですし、謝罪・お詫びの電話であるならばなおさらです。

お詫びの電話をかける時間帯は、特に注意しておきましょう。

メールでの謝罪・お詫びって!?大丈夫なのか!?

Https   www.pakutaso.com assets c 2013 01 c789 mbawosawarute500 thumb 1000xauto 2400

基本的にメールだけの謝罪・お詫びはやめておく!!メール+αで

お詫び・謝罪をするときに時間が予定が合わずにメールだけの謝罪をすべきかといった場面があるかと思います。

しかし、そうした場合にはメールだけのお詫び・謝罪はやめておきましょう。もし仕方なくメールでのお詫び・謝罪をすることになっても、メール+αの形で謝罪をするようにしましょう。

謝罪メールを送る際には、長くなりすぎないよう、要点はまとめる

謝罪メールでは、あまり長くなりすぎないよう注意しましょう。その時に、要点がまとまっていないと何が言いたいメールなのか良く分からず、結局、何に謝罪しているのかわからなくなります。

謝罪メールでは出来るだけ、簡潔に要点をまとめたメールを書きましょう。

謝罪を電話やメールで行う際の注意点は必ずおさえておこう!!

いかがでしたでしょうか。

今回は、謝罪を電話やメールで行う際の注意点について紹介していきました。

謝罪をするときは、確かに面倒ですし、気も重いと思いますが、怒られたりするのが嫌だからとそのままにせず、出来るだけ早く謝罪をするようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス