日立製作所を受ける就活生が必ず知るべき業務内容と労働時間

日立製作所

日立製作所の労働環境について①:業務内容

家電製品の売上高で国内1位を誇る日立製作所。創業100年をこえた日立製作所は、家電だけでなく情報・通信の分野や発電所、呼応協設備など幅広い事業展開を行っています。

そんな日立製作所へ就職を希望する人は、その業務内容や労働環境について気になっているでしょう。月の労働時間や残業時間、仕事へのやりがいなどは働く上で重要な要素です。日立製作所は歴史のある大企業であるため、社員にとって働きやすく、福利厚生もしっかりと整えられています。まずはその業務内容から確認しましょう。

事業内容は社会インフラにも関わる10の区分に分かれる

日立製作所では家電製品の開発・販売だけではなく、社会インフラとして重要な部分も業務内容として担っています。主な事業内容として情報・通信システム、電力システム、社会・産業システム、電子装置・システム、 建設機械、高機能材料、オートモティブシステム、生活・エコシステム、 その他(物流・サービス他)、金融サービスの10の区分に分かれています。

それらの事業内容に対して製品の開発、生産、販売、サービスを行うことが日立製作所の社員の主な業務内容です。

配属先は本人の希望と適性により決まる

日立製作所の配属先に関しては、配属希望アンケートが行われ、最終的には面談により決定します。配属先はすべて希望通りとはいきませんが、適正やまた将来のキャリアアップに最も適している点などを十分に検討して決定されます。

配属後は職種ごとに業務内容が異なるため確認しておきましょう。日立製作所の業務内容は大きく分けて【技術系】と【事務系】の2つに分かれます。

事務系と技術系による職種の違いで業務内容も異なる

【技術系】と【事務系】の主な事業内容について紹介します。

【技術系】の職種は事業発展に不可欠な【研究開発】、進化する技術を製品に反映させる【設計開発】、サービスの実現のため括約する【SE(システムエンジニア)】、グローバルな業務の【資材調達】、需要の予測と管理を行う【生産管理】、生産効率を上げる【生産技術】、最終関門を守る【品質保証】などがあります。

【事務系】の職種は市場を創造する【営業・営業技術】、社内環境を整える【人事総務】、経営基盤を担う【経理財務】、法律に関わる業務を行う【法務・知的財産権管理】、マスコミなどの対応を行う【広報・宣伝】、事業企画などを行う【企画】など多岐にわたります。

日立製作所の労働環境について②:労働時間

次は気になる日立製作所の労働時間についてです。働く上で勤務時間の長さは長く働けるかどうかに関わる大切な要素ですが、充実した福利厚生と休暇制度が整えられている日野自動車の労働時間を確認しましょう。

日野自動車の労働時間は月平均170時間ほどです。これは日野自動車の会社概要から1日7時間45分という勤務時間と週休2日制による勤務日数から計算しています。

上記の労働時間はあくまで独自計算によるものであり、職種や繁忙期によっては実際の企業の労働時間や残業時間とは異なる場合があります。

日立製作所は休暇制度も充実している

日立製作所の魅力として、休日制度の充実が挙げられ、完全週休2日制、年次有給休暇(24日)、リフレッシュ休暇、出産休暇、育児休暇、配偶者出産休暇、介護休暇、家族看護休暇など定期的に休暇を取得でるため、ライフワークバランスを保ちやすい労働環境です。 

日立製作所の労働環境について③:残業時間

日立製作所の労働時間の次は、残業時間を見ていきましょう。働く上では残業時間の長さは非常に気になる情報です。

日立製作所の平均残業時間は繁忙期を除いてほぼありません。個人の抱える業務内容や職種によっては残業時間が発生するため、あくまで目安と感えましょう。入社前に自分が配属される職種がどのくらい残業しているのかについては、会社説明会やインターンシップなどで実際に社員の方に聞いてみるのもよいでしょう。入社前に、自分が配属される職種がどのくらい残業しているのか確認してみるのも1つの方法です。

日立製作所の労働環境について④:働くやりがい

人々の生活に欠かせないさまざまな分野で事業展開を行う日立製作所では、社員の一人ひとりが責任感と熱意をもって業務に励んでいます。真面目な人が多く、分からない点を相談できるなど温かい社風で、教育制度や研修プログラムの充実により、入社後もスキルアップ・キャリアアップを目指せます。

日立製作所の業務内容は家電製品や通信分野など多岐にわたり労働時間は月平均170時間で残業時間は職種で変わるが少なめ

家電だけでなく日常生活に欠かせないインフラにも関わる事業展開を行う日立製作所。その業務内容は技術系と事務系に分かれていますが、製品やサービスの開発のためそれぞれが連携しあってスピーディーなものづくりを行っています。研究開発だけではなく、広報や法務・知的財産権管理など大企業ならではの業務内容を行う部署もあります。

労働時間と残業時間は職種や個人の裁量にもよりますが、長時間労働の実態はありません。従業員もやりがいをもって業務に励んでいるので、入社後も成長が望める企業です。

家電業界に属する日立製作所への就職を考えるなら、同じ業界の企業の業務内容や労働時間についても調べておくことをおすすめします。そのうえで、どうしても日立製作所に就職したいという想いが強ければ、対策を練って採用を目指しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職