英検とTOEICはどっちが就職に役立つ?

2017年1月16日TOEIC, 英語検定

英検は文部科学省公園の公的資格とも言える

Office 594132 640

英検とTOEICではどっちが就活に有利となるかについてですが、まずはそれぞれについて詳しく見ていきましょう。通称英検は正式名称を実用英語検定といい、文部科学省が後援している資格となっています。5級からあるため、中学、高校生の頃に受験した経験を持つ人も多いのではないでしょうか。

TOEICは米国の非営利テスト開発機関が手掛ける

では、次にTOEICについて見ていきます。TOEICは英検と異なり合否で判断されるものではなく、10~990点までのスコアで評価されます。こちらの受験者は主に大学生などの高校生以上が多く、日本では年間240万人の人が受験しています。

TOEICは実用的なものがほとんど

TOEICの問題の特徴として、文法の把握よりも使い方が問われるものです。また、英文が試験ではたくさん出題されるため、速読力も必要となります。こういった点から、英検よりもTOEICはどっちかというとビジネス向きと言えるでしょう。

ビジネス向きなのはTOEICだが英検の方が認知度は高い

では、英検とTOEICのどちらを受験すべきか迷っている人はどうすればいいのでしょうか。就活で強みとしたい場合を考えてみましょう。上記でもご紹介したように、TOEICはビジネス向きであり、就活後も実用的です。また、外資の企業であればTOEICのほうが向いているでしょう。しかし、日本企業の場合、認知度が高いのはまだまだ英検の方です。地方の企業であれば、尚更言えることでしょう。そのため、自分が目指すものや就職したい先を考えて受験すべき方を選ぶことをおすすめします。

英検かTOEICのどっちを受験するかで迷ったら就職先や自分の目指すものに応じて決める

ここでは、英検かTOEICのどっちがいいのかについてご紹介してきました。英検とTOEICでは、試験の出題スタイルが全く異なるため、それぞれに応じた対策が必要です。自分の目指すものをしっかりと定めてどちらを受験すべきか決めるようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年1月16日ビジネス

Posted by BiZPARK