栄養士・管理栄養士に必要なこととは?

栄養士, 管理栄養士

コミュニケーション能力を求められる栄養士・管理栄養士

近年健康志向の人が増え食に関心を持つ人も多いでしょう。栄養士や管理栄養士は、望ましい食事をしてもらうために食事の管理や病院や学校の献立作成などを行います。また、栄養指導を行うなど食を通して、子供・スポーツ選手・妊婦さん・体に不調のある方・お年寄りと幅広い年代とさまざまな職業の方と交流する機会も少なくありません。この際に必要になってくるのが「コミュニケーション能力」なのです。

栄養士・管理栄養士が行う仕事

栄養士や管理栄養士は、多くの場面でコミュニケーション能力が欠かせません。

学校であれば、成長期である生徒を相手にどのような食事が大事かや、食物アレルギーの存在と危険性、食事が招く生活習慣病など、わかりやすく教える必要があります。

またスポーツ業界からのニーズも高く、今の状況にはどのような栄養があるものを摂取するべきかなど、アスリート一人一人に合った食のアドバイスを行いサポートしているのです。

病院や福祉施設でも、体の状態にあった栄養バランスのとれた食の提供や、身体の機能に合わせ食べやすくするなど、患者や利用者のサポートを行います。

このように、多くの人を対象に食生活のサポートを行う栄養士・管理栄養士ですが、やはり相手との信頼関係を築くためにもコミュニケーションは大事なのです。

栄養士・管理栄養士におけるコミュニケーション能力の必要性

栄養士や管理栄養士は食に関する知識を提供することで、健康な食生活のサポートを行います。

そのサポートのほとんどはコミュニケーションから成っているのです。相手とのコミュニケーションがうまくとれないと、どのような状態なのか、何を求めているのかなどが明確に出来ず、栄養指導やアドバイスをするときに的確な提案ができなくなってしまうのです。

まとめ

栄養士・管理栄養士は、学校や病院、福祉施設などの献立作成だけではなく、食の知識の提供やアドバイスを行うため、コミュニケーション能力が求められます。また、幅広い年代層の方たちと交流する機会が多く、個人に合った栄養指導を行うには信頼関係を築くためのコミュニケーションが大切なのです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2019年8月6日転職