新入社員が報連相したくてもできない理由

報連相, 新入社員

こんな些細なことまでホウレンソウ?

ホウレンソウが会社を強くするであるとか、ホウレンソウで怖いもの無しであるとか、とにかくなんでもホウレンソウしろと新人研修では上司から言われていも、いざ配属先では上司は暇なわけではなく、むしろ忙しくしていたりするわけです。すると新入社員としては、こんな些細なことまでホウレンソウをして上司に手間をかけさせていいものなのか、まずはそこで気を使うことになります。

まして一度ならず「そんなことは君が判断して自分でやっておけよ」などといわれようものなら、次回からはホウレンソウ以前に何をホウレンソウして、何は割愛すべきかを新入社員なりに考えざるを得なくなります。これがホウレンソウをしたくても出来なくなるきっかけであり理由です。

自分で判断して来た習慣が邪魔をする

新入社員といえども、社会に出るまでには様々な社会経験も積んでいれば、そもそも高等教育機関で思考訓練を経て来ているわけです。つまり自分で判断をする習慣は十分身に付けて来ています。

ところが会社で強要されるホウレンソウには、自分で判断させない側面があることも確かです。自らの判断で意思を決定し、行動して来た経験を持つ者にとって、ホウレンソウは馬鹿らしく映ることもあれば、そもそも必要性さえ疑ってかかられても不思議ではありません。まして上司が適切な判断を下していないと判断すればこの傾向は一段と強くなります。徐々にホウレンソウが出来なくなっていく理由であると考えられます。

実際ホウレンソウには、社員に自分でものを考えなくさせるマイナス面があることは思い致す必要があるように思います。

なにが何でもホウレンソウは時代遅れ

ホウレンソウには、管理する側には都合がよくても、される側にとっては必ずしも成長を促すものではない面があることは、理解する必要があるように思います。

いわれたとおり、報告・連絡・相談さえ怠らなければ、たとえ失敗しても責任が軽減されるのなら、こんなに楽なことはありません。

動物を飼った経験のある人なら分かると思いますが、犬や猫でさえ必ずしも甘いだけの飼い主には懐きません。自らの成長を考えて時に厳しくしつける飼い主にこそよく懐きます。

まして人間である新入社員もそれと同じで、ただいたずらに何でもホウレンソウしろでは、なかなか素直な命令形にはならないのではないでしょうか。

ホウレンソウをしない、出来ない理由をしない部下の側にだけ求めるのではなく、ホウレンソウそのものについて思いを致す必要もあるように思います。

ホウレンソウをしない、もしくは出来ない新入社員、部下にはしないだけの理由があります。ホウレンソウが会社を強くするといわれた時代は、すでに過去かもしれません。今一度ホウレンソウそのものを考え直す必要があるのかもしれません。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月25日ビジネス