ビジネスマナーに則ったコーヒーの出し方

お茶出し

コーヒーをなみなみに入れる出し方はNG!

2 white coffee mugs 640x427

コーヒーを入れる量に関してもビジネスマナーが、ありまので、しっかりおさえておきましょう。コーヒーを入れる量に関しても細心の注意を払う必要があります。

相手がコーヒーをこぼすというマナー違反を防ぐ

コーヒーを、なみなみに入れる出し方をすると、飲むときにこぼれやすくなってしまいますよね。

出向いた先で、飲み物をこぼすというのは当然ビジネスマナーに反しています。ビジネスマナーを破らせてしまう可能性が高くなるコーヒーの出し方をするのもまた、ビジネスマナーに反しているのです。

ビジネスシーンで着ている服は当然、高価な衣服が多いですし、そのあとも仕事がある訳ですから、多大な迷惑をかけてしまいます。絶対にコーヒーがこぼれないように、カップの7~8割くらいの量でだすように心がけましょう。

上座の人から先にコーヒーを出すのがビジネスマナー

ビジネスシーンでは、上座の人から飲み物を出すのがビジネスマナーに則った出し方となります。

社会人の初歩的なビジネスマナーとして、上司や目上の人を立てるというのがあると思います。 そのビジネスマナーに合わせるように、コーヒーを出すときにも注意が必要です。

お客様は上座の人に、会社内では上司からコーヒーを出す

複数で来客されたお客様の中でも、部下と上司などの上下関係があるはずです。その際、部下が上司を上座に案内をしているはずですので、コーヒーを出すときも、そのビジネスマナーに則った出し方をしましょう。

コーヒーを出すときには、上座のお客様や会社内では、上司から出すように気をつけてください。

コーヒー出すときにはお客様の正面に出す

コーヒーの出し方との基本として、コーヒーを相手の正面に出すようにします。

ただし、コーヒーの出し方はケースによっては異なりますので、気をつけてください。臨機応変に行動し、お客様に最も過ごしやすくしてもらうのも大事なビジネスマナーです。

Cafe 698606 640

正面から出すのがビジネスマナーですが…

コーヒーの出し方は、正面から出すようにするのが、一般的なビジネスマナーではありますが、ケースによっては正面に出すことがNGな場合もあります。

たとえば、会議などで資料を使って進めていく場合には、正面に資料を置いての会議になります。その際には、資料の横になるように、すこし右側に出すという配慮も必要になる訳です。そういった場面での、心遣いがビジネスマナーではとても大事なものです。

コーヒーカップの持ち手が右にくる出し方をする

コーヒーの出し方としてついつい忘れてしまいがちなのが、コーヒーカップの持ち手のマナー。

コーヒーカップの持ち手は右にくるように出し方にしましょう。これはコーヒーカップの持ち手が相手の取りやすいところにあるように配慮するマナーです。

こういう小さなことではありますが、マナーには沢山の思いやりというものが、隠されているものです。

相手の立場になって、気を遣うのがビジネスマナー!

コーヒーを飲む側の立場で考えて、コーヒーを出されてそのまま、飲むことができるように、コーヒーカップの持ち手は右側にするのは当然のマナーです。忘れがちではありますが、是非、このマナーは実践してください。

ビジネスマナーを守ったコーヒーの出し方をマスターしよう!

いかがでしたでしょうか?コーヒーの出し方ひとつでも、このように多くのマナーがあります。

たかがコーヒーを出すだけで、ここまで覚える必要は無いと思われがちですが、決してそのようなことはありません。 お客様や上司が、気持ち良く仕事が出来る環境は、ビジネスシーンにおいてとても大事であり、重要なことになります。

覚えておいて損はありませんので、皆様も是非、コーヒーの出し方を覚えておくようにしておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス