社会人として最低限のビジネスマナーを身につけるために

社会人

身だしなみさえ整えていたら、最低限のビジネスマナーはクリア!?

2 1 10 r

最低限のビジネスマナーを守る上で、必ず守らなければならないものがあります。

それが、身だしなみです。

ビジネスマナーでは身だしなみは重要です。

人間は相手を判断するとき第一印象を8割。残りの2割はその後の印象で相手を判断します。

ですので、会社の取引の時によれよれのスーツに寝癖、このような方とは取引しようとは思わないのです。

これからわかる通り、身だしなみはビジネスマナーの時に最初に学ぶべきところです。

では、どのように身だしなみを整えるべきなのかという話になります。

まず、ビジネスマナーにおける身だしなみのテーマは「清潔感」です。

この「清潔感」はとても重要です。しかし、清潔感を持った身だしなみと言われてわからないと思います。

ですから、細かく見ていきます。

最初に、髭はしっかり剃り、寝癖は直します。女性の場合は、化粧があまりにも濃いのはビジネスマナーに反します。

次にスーツです。これは、皺が付いているのは論外ですが、ズボンにはしっかりと折り目が付いたズボンを穿きます。ここで女性が注意しなければならないことがあります。

それは、女性のパンツスーツスタイルが嫌いな上司が居るということです。これに関しては、頭の片隅にでもしまっておくといいと思います。

次に、ネクタイです。スーツが濃い色ならば淡色系のネクタイ、スーツが薄い色ならば濃色系のネクタイを着けます。

そして最後ですが、これが意外と見落としがちです。靴に関してです。

靴は形が重要です。男性はつま先が尖っているのは避けるべきです。また、女性は踵の底が高すぎるのはNGです。

あとは、靴の手入れをすれば問題がないと思います。

では、身だしなみが整ったところで次の言葉遣いに移ろうと思います。

ビジネスマナーで最も重要なのは言葉遣い

先程は身だしなみについての話でしたが、今度は言葉遣いについてです。

身だしなみも重要ですが、言葉遣いのほうが重要であり、ビジネスマナーの中で最も重要な位置を占めます。

何故なら、ビジネスマナーが仕事の円滑油ならば、言葉遣いはコミュニケーションの円滑油だからです。

仕事を進めるためには、コミュニケーションを取らなければならないと思います。ですので、言葉遣いが最も重要なのです。

では、ビジネスマナーで守らなければならない言葉遣いは何なのかです。

これは、難しいことではないと思います。ビジネスマナーで守らなければならない言葉遣いは3つしかないのです。

その3つとは「謙譲語」「尊敬語」「丁寧語」です。

この時間違いやすいのが、「謙譲語」と「尊敬語」です。

ですので、細かく見ていきます。

「丁寧語」は自らの言葉を丁寧に言うだけです。「です」「ます」などが該当します。

「尊敬語」は相手を直接高め、相手を尊重する言い方をします。「お読みになる」などが該当します。

「謙譲語」は自らを低くし、間接的に相手を高める言い方をします。「お喜び申し上げる」などが該当します。

これらの言葉遣いは、憶えるまでは大変ですが、憶えてしまえば特に意識することなく使えるようになります。

最低限のビジネスマナーを守るために必要なのは、言葉遣いと身だしなみのたった2つだけです。

他にも会社によっては、約束の時間には5分前にくるなど細かいビジネスマナーはありますが、どこでも通用するビジネスマナーは上記に挙げた2つです。

ですから、此れだけは何としても覚えることをおすすめします。

また、新入社員だけではなく、ビジネスマナーに不安がある方は参考にしてみると良いと思います。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月25日ビジネス