消費者金融の過払いを請求する際の注意点

消費者金融, 過払い

消費者金融のグレーゾーン金利を払っていた際は過払いが発生する

Money 256298 640

消費者金融のカードローンは非常に便利ですが、過払いと呼ばれる利息の払い過ぎが発生している可能性もあるのです。現在の消費者金融の利用に関しては、改正貸金業法の施行により過払いが発生しなくなっています。しかし、それ以前に消費者金融を利用していた場合は、利息制限法と出資法の上限金利が異なっていたため、グレーゾーン金利と呼ばれる金利帯が存在していました。そのグレーゾーンの金利を支払っていた場合には、過払いと呼ばれるお金が発生するのです。

過払い金は本来支払う必要のないお金になる

「過払い」という払い過ぎたお金は、本来支払う必要が無いお金になります。現在では出資法と利息制限法の上限金利が統一化され、グレーゾーンが無くなったので過払いは一切発生しません。しかし、当時は法律の穴を突いた金利設定で暴利ともいえる利息を消費者金融は徴収していました。それを知らずに利息を支払い続けた人も多く、無駄にお金を支払っていたのが問題となっています。

完済後10年以内であれば過払いが取り戻せる

消費者金融で過払いが発生していた場合には、「過払い金返還請求」を行って返還してもらえます。しかし、この返還請求が可能なのは完済後10年と言われており、10年を超えてしまうと債権の消滅時効状態になってしまうのです。そうなると、過払い金も返還してもらえない可能性が高くなるので、消費者金融を利用していた人は早急に返還請求を行う必要があります。

消費者金融が倒産した場合は取り戻せない

債権の消滅時効以外にも、消費者金融の過払いが取り戻せないケースがあります。それが、利用していた消費者金融が倒産してしまう状況です。消費者金融が倒産してしまうと過払い金を請求できなくなるので、何百万円もあったとしても1円も取り戻せません。会社自体が合併吸収されて無くなった場合は、吸収した会社に対して返還請求出来ますが、その場合には請求が長引く恐れもあるので注意しましょう。

返済途中の過払い金請求は債務整理になる

消費者金融へ過払い金が発生している場合には、返還請求で払いすぎたお金を取り戻せます。しかし、まだ完済していない消費者金融に対して過払い金返還請求を行ってしまうと、債務整理として取り扱われるので、ブラックリスト扱いになってしまうのです。すでに完済している場合はブラックリストには入りませんが、返済途中の際は債務整理扱いとして事故情報が信用情報に記載されてしまいます。

ブラックリストに入ると新規ローンが利用不可能になる

過払い金請求は、すでに完済していれば何の問題もありません。しかし、返済途中での消費者金融に対する過払い金請求は、様々なリスクが生じてしまいます。ブラックリストになると新たなローンなどが利用できなくなり、生活への大きな支障も考えられるものです。過払いがある場合には、現状を確認してから請求を行う必要があるでしょう。

消費者金融の過払いは完済後10年以内であれば取り戻せるが返済途中の債務整理に注意

過去に消費者金融を利用していた経験がある場合には、過払いが発生している可能性が極めて高いと言えます。その場合には、すでに完済しているはずなので、過払い分は取り戻すべきお金です。時効まで10年と言われていますが、改正貸金業法施行からもうすぐ10年を迎えます。身に覚えがある人は出来るだけ早く、消費者金融へ過払いの請求を行うようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年1月16日ビジネス