よく休む人を派遣社員として雇ってしまった際の対処法

派遣社員

会社に原因がないかを考える

Kanasii

仕事をよく休む人を派遣社員に雇ってしまった場合は、まず会社に原因がないかを考えてみましょう。派遣社員はどうしても、正社員と距離を感じてしまう場合が多いです。

もしかしたら何か悩みを抱えている可能性もあるので、親身になって話を聞いてみるのもひとつの手です。

派遣社員にとって働きやすい環境は整っているか?

原因を追究することで、会社の改善点や働きにくい環境など、解明できるかもしれません。派遣社員は、会社の不満をなかなか言えずに溜め込む傾向にあるので、しっかりとサポートし、まずは仕事をよく休む人を理解してあげる必要があります。

派遣社員との話し合いの場を設ける

仕事をよく休む人を派遣社員として雇ってしまった場合は、話し合いの場を設けましょう。ここで、会社側の意見や、派遣社員の意見を言い合います。会社側の考えを聞いて派遣社員の仕事に対する意識を変えましょう。

会社にどれだけ迷惑をかけているのかを話す

正直、言いづらいこともあるでしょうが、社会人なのでここははっきりと言いましょう。派遣社員が休むことで仕事にどれだけ支障をきたし、会社の人に迷惑をかけているのかを認識してもらいます。よく休む人には時給を下げると言ってかまをかけるのも一つの手です。

ここでは、話をして、派遣社員に焦りを持たせることがポイント・目的なのです。

それでもダメなら?派遣社員の紹介会社に問い合わせ

派遣社員といえど、社会人として仕事をよく休む人は常識はずれです。仕事よく休む人を派遣社員として雇ってしまったときは、紹介会社の担当者に問い合わせをしましょう。ここで、正直に「仕事をよく休む人はうちの派遣社員には必要ありません」と言って構いません。よほどの理由でない限りは、仕事に迷惑をかけているのですから、担当者にはっきりと伝えた方がいいでしょう。

Angry man 274175 640

担当者から注意を喚起させ、それでも無理なら解雇

仕事をよく休む人の相談に乗ったものの、何も変わる気配がないときは紹介会社の担当者に直接話をしましょう。これは、担当者の責任でもあります。まずは、その担当者から仕事をよく休む派遣社員に注意を喚起してもらい、それでも行動が変わらなければ、こちらから、その派遣社員を解雇しましょう。

仕事をよく休む人がいる派遣紹介会社は危険…

派遣会社によって、紹介してくれる人材の教育が全く違います。仕事をよく休む人ばかり派遣する派遣会社は、教育が全く行き届いていないと言えます。

もし、その派遣紹介会社の対応が怪しいと感じたら派遣会社を変えることをオススメします。しっかりとした派遣会社なら、「仕事をよく休む」社員とそのまま契約を結んでいるということはないはずです。

仕事をよく休む人が派遣社員の時は話し合い・紹介会社に注意!変わらない場合は解雇

よく休む人を派遣社員として雇ってしまったときの対処法について見てきましたが、いかがでしたでしょうか。

仕事をよく休む人は、派遣社員であれ、正社員であれ、社会人として失格です。そんな派遣社員を雇っていても仕事に支障をきたすだけなので、会社としては話し合い、紹介会社に注意をしても変わらない場合は解雇をしましょう。正直、派遣社員は数多く存在しているので、よく休む人を雇っている自体がもったいないのです。解雇をして、新しい派遣社員を雇う方が効率的と言えるでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス