急ぎの要件で使うべき敬語について

敬語

急ぎの要件は焦りすぎて敬語が疎かになりやすい

A0001 016560

上司に急ぎで要件確認をしたり相談をしなければならない要件は結構あるものではないでしょうか。そんなときについ冷静さを失い敬語がぞんざいになってしまう人もいるものです。それでもそんな要件の時こそ正しい敬語を使う人は上司に評価されるようになります。

急ぎの要件でも丁寧な敬語を心がける

急ぎの時で上司にすぐにでも話をしたいときにはできるだけ冷静な口調で「急ぎの要件があるのですが、少しお時間よろしいでしょうか」と言った具合に上司にまずは急ぎの要件があることを伝えましょう。同時に、上司にその要件に時間が取れるのかどうかを確認することも忘れないで下さい。決して「今時間良いですか?」と要件に対してもぞんざいな言い方になるのは避けましょう。話しの文末の敬語こそ相手の印象に残りやすいので敬語をおろそかにしないようにして下さい。

急ぎで声をかける際は「いつまでに」を伝える

上司にあなたがいくら急ぎだと言っても上司にはどのくらい急ぎなのかはわかりませんし、自分が抱えている用件の方が急ぎだと判断してしまうかもしれません。上司に話を聞いてもらうためにも「いつまでに」の急ぎなのかをきちんと伝えるようにしましょう。

時間が区切られていると要件が伝わりやすい

具体的には「明日の午前中の会議で使用する資料についての件なのですが」と「いつまでに必要な」、「何の要件」なのかをきちんと伝えましょう。上司に時間を取れるか聞いた後にこの話を持ってくるようにすれば、上司の方でもこの話がすぐに聞くべき急ぎの要件なのかどうかを判断することができます。この時の上司が聞き取りやすいように「いつ」についてはきちんと伝えましょう。その際も文末はですます調を入れて敬語を入れるようにして下さい。忙しい時こそ協力してもらわなければならないので敬語を取り入れた丁寧な言い方をしましょう。

急ぎの要件は可能であれば尊敬語で話す

急ぎの時こそこちらも冷静さを失い、敬語の取り入れ方も雑になってしまいがちです。しかし、あなたが急ぎで伝えようとすればするほど内容も伝わりにくく上司にも不快感を与えてしまいます。適度な尊敬語なども取り入れて急ぎの用件を伝えることでできれば、緊急時でも冷静さを失わずに対処ができる部下だという印象を与えることができるでしょう。

急ぎの要件に取り入れるべき敬語を知ろう

急ぎの時にでも上司に話をする場合とは、急ぎで上司に何らかの作業をしてもらう時ですね。そんな時には「お忙しいところお手数ですが、○○していただけないでしょうか」と言うように、上司にやってもらう部分に尊敬語を使うのが効果的です。「急ぎなので○○やって下さい」では何だか雑に感じてしまいますね。誰だって仕事は余裕を持って取り組みたいものです。急ぎで確認してもらったり、相談に乗ったりしてもらうわけですから敬語を使ってそれなりに丁寧な頼み方をするのは当然ではないでしょうか。

急ぎの要件でも正しい敬語を使い仕事への評価に繋げよう

ビジネスの現場では急ぎの要件だからと雑な頼み方をして許されるものではありません。急ぎの要件だからこそ、敬語を使って丁寧な頼み方をした方が上司の心証も良くなりあなたへの評価も上がるはずです。急ぎの要件を上司にする際には文末に敬語を入れるなどして言い方に気を付けてみて下さい。小さな気遣いがあなたの思わぬ評価上昇に繋がる可能性もあります。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス