女性フリーターが一人暮らしをする際に注意すべきコト

フリーター, 一人暮らし, 女性

一人暮らしをする女性フリーターが増えてきている

1024 cc library010001611

近年、派遣やアルバイトといったスタイルで働く女性が増えてきています。雇用形態に関わらず自由な働き方を求める女性が増えたのかもしれません。また会社側は一旦正社員として雇ってしまうと、会社の景気が悪くなっても、急には解雇することができないので、派遣やアルバイトを使う所が多くなってきました。

女性フリーターの一人暮らしが楽しいのは20代まで

女性フリーターで一人暮らしをするといったライフスタイルも、楽しいうちは20代まででしょう。30歳を超える頃から、次第に世間の目は未婚女性に厳しくなります。会社によっては転職しにくくなるかもしれません。もしも将来のことを真剣に考えるのであれば、フリーターだとしてもスキルを身に着けておくほうがいいでしょう。

年を取るに連れて生活が苦しくなってくる面も

女性フリーターの一人暮らしは、年を取るに連れて次第に苦しくなってくるとも言われています。理由として挙げられるのが、生活費を工面することです。

フリーターのままでいても、稼げる金額に限度があります。将来を考えて貯金しようとしても、収入がUPしない事には生活費に余裕が生まれないです。

女性フリーターの一人暮らしは家賃を払うのが大変

女性フリーターでずっと一人暮らしの生活していくのは大変です。一人暮らしだと家賃が発生するので、都心部だとワンルームでも家賃が7~10万円はかかってしまいます。地方でもワンルームで3~5万円はかかってしまうので、ボーナスなしの女性フリーターの収入だけでは、家賃と光熱費と食費などの生活費を差し引いたらほとんどお金が残らないでしょう。

一人暮らしではなくルームシェアがおすすめ

一人暮らしといった環境から脱出するためには、結婚する以外にも実家で生活したり、姉妹と同居したりするといった方法があります。また、友達との共同生活といった方法もあります。2LDKの物件をルームシェアしたとしても、一人でワンルームの家賃を払うよりは安いし、広い住居スペースを確保する事が出来ます。光熱費も二人で割った方が断然お得です。女の一人暮らしはリスクが高いので、できれば誰かと一緒に住む事をお勧めします。

気をつけたいのは身体を壊したら収入が無くなる

何よりフリーターだと怪我・病気などで身体を壊すと収入が無くなってしまいます。貯金をしていれば問題はありませんが、一人暮らしの人からすると死活問題になります。そのため、安定している正社員になっておくのが一番いいでしょう。

女性フリーターは生活費を考えて収入条件のいい仕事をするべき

1024 cc library010007533

同じフリーターでも、コンビニやスーパー、カフェ勤務よりも、オフィスでの勤務の方が断然社会的にも収入的にも条件が良いです。大企業でも派遣やアルバイトを雇う所は多くあります。なので一般企業で働けるように、職業訓練を積んでおきましょう。女性フリーターは生活費を考えて、収入条件のいい仕事を選んでください。

フリーターから正社員になる方法がある

あまり知られてませんが、フリーターから正社員になる方法はいくつもあります。それは、エージェントサービスを利用することです。

エージェントサービスとは、面談を行った後にオススメの企業を紹介してもらえるサービスになります。しかも、利用料金はかからずに、面接対策・エントリーシート対策など幅広い就職支援を行ってもらうことが可能になります。

中でもオススメは「リブズキャリア」

2014年からサービス開始を行い、1年余りで企業数300社、ユーザー数3.5万人を記録している実績のある企業になります。特に女性のキャリア支援を中心に行っており、フリータから正社員の就職支援を行っています

下記がリブズキャリアの詳細になるのでご覧ください。

女性フリーターが一人暮らしするなら家賃などの生活費に注意すべき

女性フリーターで一人暮らしとなれば、生活が大変な傾向にあるようです。そして世間一般的に見ても、女性フリーターが一人暮らしをしていくというのは、大変な事に見えるようです。病気をした時でも生活費はかかってくるので、働けない期間の生活費も蓄えておかないといけないのですが、フリーターのアルバイト代では貯金をするゆとりもないでしょう。やはり、それらのためにも、誰かと一緒に住んで出費を抑えることが大切です。また、資格やスキルを習得して正社員を目指してみるのも良いでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年6月19日ビジネス