「なるほど」は悪印象?目上の人への正しい敬語表現

敬語

「なるほど」は伝わる印象が悪い場合が多い

Ac4aecda3ead08e17c34984619748059 m s%20(1)

「なるほど」の敬語の使い方はどのようなものか、気にした事さえないという方も多いと思います。しかし、実は厳密に言うと、この「なるほど」という言葉は敬語ではなく、目上の人には使ってはいけないと一般的に言われています。

「なるほど」自体には敬語の役割はないので気を付けよう

「なるほど」という言葉は副詞になるので、それ自体に敬語のニュアンスというものはありません。なので、「なるほど」という言葉は同じ立場の人間同士で使う分には何も問題はありませんが、目上の人に使うと少し相手を見下すようなニュアンスが含まれる傾向があります。「なるほど」には敬語の役割がないことを頭に入れて、使い方に注意しましょう。

目上の人に「なるほど」を使うと嫌がられる

「なるほど」というのはとても便利な言葉で、ビジネスシーンでも上司に対してよく使うという人は多いのではないでしょうか。目上の人に対しての敬語として明確に間違いである、そういった事ではありませんが、相手に伝わるニュアンスが悪いケースがあります。なので、敬語を使うような目上の相手には「なるほど」という言葉の使い方はできる限りしないことが望ましいでしょう。

「なるほど」を使うことで仕事のミスにつながることも・・・

社会人の方で上司に「なるほど」という言葉を使ってしまうと、敬語表現ではないので人によっては怒ってしまうかもしれません。当然、人によってはその使い方は気にしない、何も感じないという人も少なくはないと思います。しかし、大事な打ち合わせなどで「なるほど」という言葉の使い方をしたが故に、相手を怒らせてしまったということは絶対に避けたいでしょう。ですので、日頃から使い方に気を付けましょう。

「なるほど」以外の言葉で敬意を示そう

では、目上の人に「なるほど」という気持ちを伝えたい時、どのような言葉の使い方をすれば良いのでしょうか。「なるほど」と同様な意味の言葉を考えると、「おっしゃる通りです」「私もそのように感じます」などという言葉が挙がります。目上の人にはなるべくこのような「なるほど」以外の言葉の使い方をしてみてはいかがでしょうか。

「なるほど」とそれ以外の言葉を使い分けよう

「なるほど」という言葉は敬語ではないので、目上の人への使い方としては好ましくはないことを述べてきました。しかし、「おっしゃる通りです」「私もそのように感じます」などという言葉は長い上に堅く、毎回この相づちを打つと少しうっとおしいと思われてしまう可能性もあります。ここが難しいところではあるのですが、「なるほど」と言っても大丈夫そうな気のおける相手の場合、「なるほど」という言葉も使いつつ、たまにこういった表現の使い方も行って失礼な気持ちはないという事を示してみましょう。

「なるほど」自体には敬語の意味がないので使い方に注意しよう

「なるほど」という言葉の使い方は便利でよく使ってしまいますが、「なるほど」は敬語のニュアンスはないので、目上の人には使わない方が良いと言えるでしょう。「なるほど」と同様な意味の言葉の「おっしゃる通りです」「私もそのように思います」などを使うようにしましょう。間違った敬語で相手を怒らせてしまわないように、十分注意をしてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス