初めての相手にも好印象!ビジネスメールの件名の書き方

ビジネスメール

初めてビジネスメールを送るときは件名を具体的に!

Keyboard 453795 640

ビジネスメールとして送信したのに、迷惑メールと間違われてごみ箱行きになってしまわないように、初めての相手に送るのであれば、件名には細心の注意を支払わなければいけません。

「ご案内」「はじめまして」などは注意が必要

初めてのビジネスメールの件名で、もっとも気をつけたいポイントですが、「ご案内」「はじめまして」など無難な表現は、迷惑メールと混同されやすいので注意が必要だという点です。

必ず初めての相手へ送る、ビジネスメールの件名では具体的に書くように心がけましょう。

件名で内容がわかるビジネスメールにする!

ビジネスメールは内容を確認した後、必要に応じて読み返すことができます。

しかし内容のわかりづらい件名であれば、目当てのメールを探すのに苦労するので、そういったところにも気遣いを見せるのは、当然ビジネスマナーです。初めての相手であればなおさら気を付けないといけません。

一目で内容が分かる件名になるよう工夫をしよう

ビジネスメールの基本として、初めての人でも件名を見ただけで内容がわかるように工夫しましょう。

例えば、メールの中身の具体的に内容を件名に書くようにすれば、見つけやすくなりますよね。何の用件のメールなのか意識してみてください。そう意識するだけで、件名は格段にわかりやすくなります。

また、早急に対応して欲しいメールはその旨を件名に書けば、相手のリアクションも早くなるので、そういった工夫もどんどんしていきましょう。初めてのビジネスメールであってもそこは遠慮する必要はありません。

ビジネスメールの件名は相手の立場で考えてつける!

メールにまつわる失態や赤っ恥体験は誰にでもあるものですが、 まずは、“メールの顔”とも言える「差出人」と「件名」に初めての相手であれば十分気を付けるべきです。

ビジネスシーンにおいて、ビジネスメールの件名は重要視されています。

0fccd32fe997aa5e0249e73033ba4496 s

「相手の立場で考える」、これがビジネスメールの鉄則!

基本的にビジネスシーンではメール問わずにですが、「相手の立場で考える」という考え方は必須です。

これはビジネスメールでも同じこと。

ビジネスメールの件名や差出人も、日々たくさんのメールが届く相手側の受信トレイを想像して考える。メール一覧の中で、自分のメールはどう映るか。また、差出人はローマ字よりも漢字(日本語)の方が断然、識別しやすいなどなど、ビジネスメールは、所詮メールだからなど思わずに、相手の立場に立って考えるようにしましょう。

そうすれば、初めての相手だった人がいつの間にかお得意先になっているものなのです。

初めての相手に送るビジネスメールは件名が最重要!

普段ビジネスメールを送信するときは、メール本文に力を入れて、件名はサラッといれて終わりというケースも多いでしょう。

しかし、初めての相手に送るビジネスメールは件名が最重要なのです。

初めての相手ほど件名で迷惑メールかどうか判断してしまいます。

また、今後良好な関係を築いていくためにもメールの件名が分かりやすいことは重要です。初めての相手にビジネスメールを送るときは件名をしっかり考えてから決めてください!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス