ヒトラーのスピーチから学ぶ!7つの演説テクニック

2018年1月24日演説

ヒトラーはスピーチをする場所や時間に気を配っていた

2015 04 life of pix free stock photos sea peaople water waves back sunset joshua earle

ヒトラーは、演説する場所によって喋り方を変え、演説を始める時間にも気を配っていました。状況に合わせて演出を変えるテクニックを使い、話した内容が人々に受け入れやすい環境を整えていたのです。

ヒトラーの演説テクニック①会場によってしゃべり方を変える

ヒトラーの演説テクニックはさまざまありますが、まずはしゃべり方を会場ごとに適切に変えていたテクニックが挙げられます。小さな会場では短く歯切れのいい演説をし、野外などの大規模な集会のスピーチでは、演説の話す内容よりも会場全体の聴衆達の気持ちを盛り上げる演出に注力していたという特徴があるのです。

ヒトラーの演説テクニック②夕方に演説を行う

ヒトラーは演説を夕方に行うというテクニックを用いていました。夕方は一日働いて肉体的にも精神的にもつかれている時間帯です。聴衆達の思考力が低下しているので、演説を聞き入れやすくなるのです。

ヒトラーの演説テクニック③聴衆を雰囲気に飲ます

ヒトラーは演説の開始予定時刻になってもなかなか姿を現さない、というテクニックを使っていました。集まった人々は、いつ登場するのか期待感を膨らませ、そして時間の経過とともにその期待感は苛立ちに変わります。そこに颯爽とヒトラーが現れ、親衛隊が演説に合わせて手を高く挙げ「ハイル・ヒトラー!」と叫びます。それに人々もつられて同じ動作で叫んでいる内に、演説よりその雰囲気に飲まるのです。

ヒトラーは演説で使う言葉とジェスチャーを特に意識していた

ヒトラーは、大衆の多くは無知で愚かであるとして、演説で難しい言葉を使うことを避けました。その代わり、スピーチで短く具体的なスローガンや、右手を激しく振り上げるジェスチャーを使い、人々の心をつかむことに成功しました。

ヒトラーの演説テクニック④短く具体的なスローガンを掲げる

ヒトラーはスピーチで「すべての労働者に職とパンを」という短く具体的なスローガンを掲げ、支持者を増やしていきました。ドイツは世界大恐慌によって、仕事をなくした人が溢れていました。具体的でイメージしやすいスローガンは大衆に支持を集めるのに絶大な効果のあるテクニックだったのです。

ヒトラーの演説テクニック⑤手の動作で注目を集める

ヒトラーがスピーチしている映像をみた事がある人なら、その手の動きに特徴があり、妙に目が行ってしまったという感想をもっている人が多いのではないでしょうか。ヒトラーは時には手を大きく振り上げたり、何かを抱きしめるような動作をして、人々の意識を自分にくぎ付けにしていたのです。このテクニックは話の内容を理解させ、自分の感情に共感させるという特徴があります。

ストーリーのある話で相手の心を掴む

Cars winding mountain road fog 640x426

ヒトラーは、聴衆を主人公にしたストーリーを語り、人々の心を動かしました。そして、富裕層やユダヤ人などといった共通の敵を設定し人々の結束を強めるような演説をしたのも特徴です。

ヒトラーの演説テクニック⑥人の心を動かすストーリーの構図を使う

ヒトラーの演説では、ストーリーのある話で相手の心を掴むというテクニックが使われていました。人は、何か足りない面がある主人公が、達成が難しい目標に、様々な障害を乗り越えて向かっていくという構図のストーリーに惹きつけられる特徴があります。それを活用した演説テクニックをヒトラーは用いたのです。

ヒトラーの演説テクニック⑦ストーリーを交錯させる

ヒトラーの演説の主人公は自国であるドイツでした。ドイツは第一次世界大戦に敗れ、莫大な賠償金を支払い、国民の生活は厳しいものでした。ヒトラーはドイツに栄光を取り戻せると演説で語るのです。

ヒトラーはドイツの復活と自分自身のストーリーを巧みに重ね合わせました。弱小政党だったナチスを大政党まで成長させた自分なら、再びドイツを輝かせられると訴えたのです。

本来は無関係なこのふたつのストーリーを交錯させ、「この人ならドイツを救ってくれるはずだ」と思わせるテクニックを用いたのです。

ヒトラーの演説テクニックはビジネスでも活かせるものばかり!

ヒトラーは様々な演説テクニックをスピーチのなかで用いていました。これらのテクニックはビジネスなどでの活用できるものばかりです。身振り手振りや短く具体的なスローガンといった特徴は簡単にまねできると思うので、使ってみてはいかがでしょうか。

ただ、基本的に人前に立つと緊張してしまうと思うので、本番でいいスピーチができるよう出来るだけ練習はしておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2018年1月24日転職

Posted by BiZPARK